ウォーターサーバー

ウォータースタンドブースで試飲して説明を聞いてきた!機種ごとの金額やメリット・デメリットを解説!

 

 

こいドラ
こいドラ
この記事では、ウォータースタンドのブースで聞いたてみた。

 

今回は、たまたま開催されていたウォータースタンドのブースに立ち寄ってきました。

ウォーターサーバーを検討していたこともあり、これは話を聞くいいチャンスだ!と思い、立ち寄って実際に話を聞いてきました。

 

\水道水から純水を作れるウォータースタンド/

水道直結式のウォーターサーバーはメリットが沢山【ウォータースタンド】

まずは無料レンタルで体験してみましょう!

 

ウォータースタンド(株)ブースに寄ってみた!

たまたま開催されていたウォータースタンドのブース。

かなりにぎわっていて、主に30代前後の女性が多く集まっている印象。

ウォーターサーバーは自体が子育て世代には時短となるアイテムなので、私もこのブースを観た時にグッと引き付けられる何かを感じたわけです。

ってことで、ブースに立ち寄って話を聞いてみることにしました。

さっそくウォータースタンドの水を試飲してみた!

 

近づいてみるや否や、すぐに試飲させてくれました(笑)

かなり前のめりではありましたが、のどが渇いていたのでこちらもすぐに受け取り飲みほしました。

 

飲んでみた感想としては、すっきりした飲み口でのどごしなめらか!とても飲みやすかったです。

感想を率直に伝えてみたところと、ウォーターサーバー側でミネラル分を取り除いているため、ミネラル分の硬さがなくなっており、のどごしがなめらかになっているんだそう。

とても納得感のある説明を受け、もう少しウォータースタンドのサービスについて聞いてみることにしました。

そもそもウォータースタンドとは?

水道直結型のウォーターサーバーメーカーです!

通常のウォーターサーバーが工場でボトリングした水を「買う」タイプなのに対して、ウォータースタンドは水道に直結させたウォーターサーバーのろ過装置を使って水を「造る」という特徴があります。

つまり、面倒なボトル交換が不要だったり、ボトル分のスペースがコンパクトになったり、水道水をそのまま使えるため節約にもなったりと、とてもメリットの多いことが特徴となります。

個人的にもCMでみていて、「水道直結ってボトル交換無くて良いんだ!」と思いながら、注目していたサービスです。

 

もう少し詳細にメリットを3つ紹介していきますね!

 

ウォータースタンドの4つのメリット

メリット1:ボトルがないから、取替えゴミ出し不要。

ゴミ出し不要

水道直結型なので、取り替えやゴミ出しの手間が一切ありません。

これって意外とメリットが大きくて、飲みたいと思った時になくなってしまったり、そろそろなくなるかな?と気にして管理することは大変面倒です。

こういった無駄な管理が一切なくなるのがウォータースタンドのサービスの特徴です。

もちろん、定額制で水道水以外で使用量に制限はなく使い放題ですので、安心してください。

ちなみに、ウォータースタンドはESGという考え方に基づいてSDGsという活動に参加しており、企業単位として利益目的ではない環境配慮の活動をしています。

 

メリット2:トップレベルの浄水能力で水道水も安心安全

水道水も安心

高機能フィルターが水道水をしっかりろ過してくれます。

安全でおいしいお水が、自宅で簡単につくちゃうということです。

ざっくり過ぎたので、もう少し詳しく説明すると3本のフィルターがウォーターサーバーの横に刺さっています。

これらのフィルターは左から順に次のようなものとなっています。

 

1本目:ネオセンスフィルター
 →比較的大きな不純物を取り除きます。

2本目:メンブレンフィルターorナノトラップフィルター
①メンブレンフィルター(ROろ過)
 →水中の不純物を99%取り除き純水を作る
②ナノトラップフィルター(通常)
 →JIS規格で決められたウイルスや微生物などを吸着し取り除く。

3本目:イノセンスフィルター
 →残留塩素および臭いを吸着してお水の「味」や「口当たり」を向上させる

 

3つのフィルターを通すことにより、安全安心なだけでなく、のどごしがなめらかな美味しい水が出来上がるわけです。

 

ちなみに、ROフィルターの不純物の大きさに対する位置づけは以下のようになっています。

放射線物質よりもさらにメッシュの細かいフィルターになっているのがROフィルターとなります。

逆に言うと、ミネラルが入った水が飲みたいという方にはROフィルターは不向きかもしれません。

赤ちゃんがいる家庭やコーヒーが好きな方はミネラルが無い純水で、生活の質が向上できると思います。

 

メリット3:定期メンテナンスでいつも清潔。

メンテナンス

6ヶ月に1回程度、定期的にサービススタッフが訪問メンテナンスにきてくれます。

訪問メンテナンスを含めた以下の費用は、全てレンタル料金に含まれていますので安心です!

 

レンタル料金内のサービス

  1. フィルター交換における、フィルター代と作業費用。
  2. 定期メンテナンスと清掃費用。
  3. 通常のご使用における、故障修理にかかる全費用。
  4. 経年劣化における、本体交換にかかる全費用。

 

あとで「これは別料金です。」と言われないような、安心したサービスとなっています。

この点辺りもウォータースタンドは明瞭な金額設定となっています。

メリット4:赤ちゃんにオススメ!

ROろ過のレンタル機を使うことで、ミネラルをほとんど除去することができるため、赤ちゃんのミルクを作る際に使用する純水を家庭でも作ることができます。

少し補足しておくと、赤ちゃんは胃や腸、腎臓が未発達であることからミネラルを分解できません。そのため、身体に負担が掛かって免疫が落ちたり、下痢になったりすることがあります。

そのため、ミネラルの入っていない水が専用に売られているんです!詳細については、【徹底解説】赤ちゃんのミルクは ミルク用「調乳水」の選び方解説! ウォーターサーバーで最速時短!の記事で解説してあります。

 

ベビーのじかん 赤ちゃんの純水 2L×6本

新品価格
¥1,110から
(2018/7/24 00:39時点)

 

ぶっちゃけ、家から出るのも大変で一歩動くだけでもエネルギーを使う授乳期にも、ウォータースタンドは非常に重宝するアイテムだと言えます。

 

以下の記事では、授乳時期を迎えた全国のパパたちに向けて、ミルク作りはパパがやらねばらん!という内容と、時短方法に関する紹介をしています。

 

ミルク作りに時短が必要な理由!応急対策には電気ケトルがオススメ!

 

記事の最後には、応急処置の時短ではなく恒久対策としての時短アイテムとして、ウォーターサーバーを紹介しています(ぶっちゃけ、ハードルは高かったですが、ウォーターサーバーで時短するのは必須だと思っています)。

 

さて、話を戻すと、4つほどメリットを説明してきましたが、実際に掛かる費用とランニングコストを確認していきましょう。

 

ウォータースタンドの費用は?

機種ごとの費用と機能一覧

いくつか機種はありますが、代表的な3機種をピックアップしてみました。

月額費用と合わせて、機能一覧とリットデメリットを記載しておきます。

 

  ナノラピアネオ プレミアムラピア ステラ ナノラピアマイン
月額料金 ¥3,980 ¥5,980 ¥3,980
フィルター(2本目) ミネラル水 RO水 ミネラル水
温水(容量)
〇(1L) 〇(1L) 〇(瞬間温水加熱方式)
冷水 〇(2.5L) 〇(2.3L) 〇(1.35L)
常温水 〇(2.5L) 〇(2.5L) 〇(ダイレクト)
メリット 価格が安いにもかかわらず、温水・冷水・常温水の必要機能がすべて備わった一台! フラッグシップモデル。タッチパネル式でお湯ロックつき自動タンク内清掃機能付き コンパクトながら温水・冷水・常温水の機能を備えた機種!
デメリット お湯ロックがついていない。 月額費用が高い。 温水が瞬間加熱方式で若干遅い(セブンのコーヒーくらいのスピード)。
給水方式 レバー式 タッチ式 タッチ式
幅×奥行×高さ 260×505×500 260×530×500 181×420×375

 

個人的には、コストと機能のバランスが良いナノラピアネオがオススメです。

うちは2歳10か月の息子がおり、お湯ロックが無いのはどうなんだろうと思いましたが、レバーを押した状態でボタンを押すという動作が難しいので問題ありません。

2歳10か月だと説明すれば理解してくれるとは思いますが、いたずらっ子の場合は手の届かない位置に設置すればより安全ですね。

 

\ウォータースタンド公式HPでナノラピアネオを確認する。/

ウォータースタンド公式HPをチェック

 

ランニングコストは?

ウォータースタンドのレンタル費用のみです!

これ以外にかかる費用といえば、毎月の水道代と電気代です。

一般的なご家庭(4人家族)で使うお水は、飲用と料理を合わせると、毎月約300L程度と言われています。

仮に、東京23区の水道料で計算すると、300Lで約60.6円しかかりません。また電気代もわずかです。

ペットボトルと比較しても非常に経済的です!

 

また、電気代についても説明しておきます。ボトル型のウォーターサーバーに対して、ウォーターサーバーの電気代は安くなるんです!

各社HPに記載の電気代は、最低使用料金で記載されることが多いのですが、実際の電気量ではかなり差があります。

一般的なボトル型ウォーターサーバーと比較すると以下のような開きがでます。

 

ボトル型ウォーターサーバー:約1000~1200円/月
 (最低使用量で記載される場合は、700円/月等と安い金額が記載。)

水道直結型ウォータースタンド:約500~600円/月

※各家庭の利用状況により異なるため、料金は参考値となります。

 

使用方法によりますが、一般的なボトル型ウォーターサーバーに対して、電気代が節約を期待できるのもメリットの1つですね!

 

\水道代と電気代を抑えられるウォーターサーバーはコチラ/

ウォーターサーバーのお水を料理にも気兼ねなく【ウォータースタンド】

無料レンタルで機能を体感してみましょう!

 

まとめ

かねてから気になっていたウォータースタンドでしたが、今回ブースに立ち寄って色々を説明してもらった結果、とてもメリットの大きいウォーターサーバーでした。

以下に本記事の内容をまとめておきます!

 

この記事のまとめ

  • 水道直結型なので、取り替えやゴミ出しの手間が一切なし
  • 3本のフィルターで安全安心美味しい水を水道水から作れる!
  • レンタル料金にメンテナンス費用が含まれていて安心!
  • ROろ過のレンタル機があるため、赤ちゃんのミルク作りにも最適!
  • コストと機能を両立したナノラピアネオがおすすめ!
  • ランニングコストも抑えられるウォーターサーバー

 

私も実際にレンタルをしてみて、初めて気づいた利便性もあったので、まずは無料レンタルをして、実際に使った上で判断してみることをおすすめします!

 

\水道水から純水を作れるウォータースタンド/

水道直結式のウォーターサーバーはメリットが沢山【ウォータースタンド】

まずは無料レンタルで体験してみましょう!

 

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です