動画配信・VOD

SAOアリシゼーション第20話「シンセサイズ」振り返り・考察【ネタばれ注意】!

こんにちわ!こいドラです!

今回はSAOアリシゼーション第20話「シンセサイズ」の振り返りをしていきたいと思います(また19話サボりました)。サボった分については、簡単にまとめておきます。

サボっていることの苦し紛れの言い訳でもしておくと、「僕の初恋をキミに捧ぐ」という番組を録画しており(妻が見ている番組)、放送開始5分が録画されていないのです。

そのため、動画配信サービスで木曜日に振り返ろうと思い、後回しになり・・・そのまま放置!という流れになってしまいます。

あとは考察要素少ないと、モチベーション下がっちゃいますね。

 

・・・はい。言い訳です(笑)話をすすめましょう!

 

さて、今回はかなり衝撃的でしたね。

薄々気付いていましたが、ユージオが・・・

っと、この内容については、振り返りながらみていきましょう。

 

【徹底調査】SAOシリーズ全話を無料で見放題できるおすすめの動画配信サービスは?

 

放送開始5分が録画されていないので、キリトとアリスが壁を登り切った後の話からです。

SAOアリシゼーション第20話 黒眼帯アリス

前話で右目の封印を解いた、アリス・シンセシス・サーティは黒眼帯をつけています。

最近はヒロインに黒眼帯させるのが流行っているのか?

というより、式波・アスカ・ラングレーの影響かもしれないですね。

当時、新劇場版エヴァンゲリオン「破」の次回予告で、黒眼帯が次回予告に出てきた時は度肝抜かれた感あります(このタイミングで新劇場版の予告集見返したのですが、鳥肌立ってきた・・・返してきます)。

アスカの眼帯は左目、アリスの眼帯は右目。

アリスの眼帯は・・・何でこのカタチなのか気になる(恐らく録画できていない放送開始5分で解説されているんでしょう。黒なのでキリトの所有物かと思いますが。)

そんなこんなで90階まで来て、戦闘後の銭湯に到着します(YO!)。

SAOアリシゼーション第20話 石化したベルク―リ

石化したベルクーリ(=おじさま)が、イメージ力でチュデルキンの神聖術に対抗し目を開きます。

そこで対面したアリスの黒眼帯を見て、

「嬢ちゃん、ついに壁を越えたんだな。オレが300年かけて破れなかった右目の封印を。」

と発言します。ベルク―リでも破れなかった右目の封印をアリスが解けたのは、やはりキリトという外部因子による影響が大きいのでしょうね。

アリスが、「剣を2本持つような酔狂者はカッコつけたいだけの上級貴族だと相場が決まっているが、キリトは妙に様になっている。」といいます。

キリトは「そうかなぁ、だからって2本の剣を同時に振るのはとても無理だよ。」と言います。

これは2刀流フラグだろうなぁ。

ユージオが戦闘不能になった時に、青薔薇の剣との2刀流でクイネラを倒しに行くというシーンがありそうです。

【徹底調査】SAOシリーズ全話を無料で見放題できるおすすめの動画配信サービスは?

SAOアリシゼーション第20話 元老のお仕事

第18話で出てきた元老長チュデルキン。

キリトが「元老とはそもそもなんなのか?」とアリスに質問します。

 

元老は96階から上の区画に居るため、騎士の立ち入りが制限されており、その実態は整合騎士たちにも、あまり分からないんだとか。

そう言いつつも、アリスが理解している範囲の元老の職務をキリトに説明しています。

これから元老になりたい人のために、以下に元老院の仕事をまとめておきます。

> 元老院のお仕事 <

  1. 人界に住むすべての住民が禁止目録を順守していることの確認と監視。
  2. 禁忌目録に違反するものが出てきた場合の、整合騎士を派遣と事態の収拾。

 

最高司祭の仕事を代行するだけの簡単なお仕事ですね。

①はIDトレーシングを行う怖い顔のヤツ(自動化元老)がやってくれるし、②はほぼほぼ整合騎士がなんとかしてくれます。

ただし、キリトがアンダーワールドにきた場合は・・・。

 

さて、第18話でも元老についてWikipediaベースでSAO解釈をしてみました。

 

元老長「チュデルキン」は、アンダーワールドにおいて、アドミニストレーター「クイネラ」輔弼(ほひつ)を行い、整合騎士の奏薦(推薦)などアンダーワールドの重要事項に関与した重臣である。輔弼(ほひつ)は、天皇の行為としてなされるべき、あるいは、なされざるべきことについて進言すること。(第18話考察より)

 

輔弼(ほひつ)とはアドバイスすることなので、少しSAOアリシゼーションのクイネラと元老の関係としては不適切なので、ちょっと書き換えます。

 

元老長「チュデルキン」は、アンダーワールドにおいて、アドミニストレーター「クイネラ」絶対君主を維持するため、人界の監視や整合騎士の奏薦(推薦)などアンダーワールドの重要事項に関与した重臣である。

 

こんな感じでしょうか。ユージオをクイネラに受け渡したことから、整合騎士の奏薦(推薦)を行っているので、訂正しないでおきますね。

 

アドミニストレーター(クイネラ)がどうしてそんな高い権限を与えたのか?とキリトが疑問を抱いています。

【徹底調査】SAOシリーズ全話を無料で見放題できるおすすめの動画配信サービスは?

SAOアリシゼーション第20話 元老室・自動化元老

元老室に入ると未来的な廊下があり、さらにその先には複数のカプセルと小さな窓が壁に連なっている光景が広がっていました。

なんとこれ、禁忌目録違反をした際に出てくる、IDトレーシングの怖い顔たちだったのです。これらは自動化元老と言うんだそうです。

 

・・・マジで怖い。

キリト曰く、「人界のあちこちから、神聖術に秀でたものを拉致して、元老という名の監視装置に作り替えた」と言っています。

恐らく、チュデルキンは元老長と言いつつも、この装置があるため事実上元老は1人なのでしょうね。

このシーンで一番衝撃なのが、ベルが鳴ったと同時にパイプから口に向かって食事が供給されているシーン。

同じフラクトライト同士なのに、家畜以下の扱いをするクイネラはさすがですね。。。

そしてシステムとしてフラクトライトを使用するあたりもさすがです。

 

と、この現実を目の当たりにしたアリスが怒りを表した時、チュデルキンが奥の部屋で叫んでいます。

【徹底調査】SAOシリーズ全話を無料で見放題できるおすすめの動画配信サービスは?

SAOアリシゼーション第20話 元老長チュデルキンの部屋

「いけません、いけません、これはいーけーまーせーんよー!」

と発言をします。チュデルキンのその目の先には水晶があり、そこに映っているのは、クイネラがユージオへのシンセサイズを行っているところ。

恐らく、ユージオは愛に飢えていたため、シンセサイズのためにそういう行為をしているのでしょう。

なので、チュデルキンは「いけません!」と言っているのでしょう。

 

ところで、この部屋。あからさまに子供っぽいのと、ベッドがかなり豪華ですね。

冷酷無比なクイネラが元老長とは言えこのような部屋を与えることへの違和感、キリトがナゼチュデルキンに高い権限を与えているのかという疑問に対して、2つの仮説を立てておきます。

  1. クイネラは、チュデルキンに自身のフラクトライトを保管させている。
  2. クイネラは、チュデルキンと兄弟である。

①の説

シンセサイズは、整合騎士を作ることの目的以外に、クイネラの一杯になったフラクトライトの思考領域と記憶を上書き複写することもありましたよね(第13話でカーディナルが誕生した理由)。

このため、シンセサイズは日々行わなければ、思考領域が一杯になってしまう。

しかし、カーディナルの時のような失敗は許されない。そのため、上書き複写しても失敗しない赤ん坊に上書き複写した(その後に、神聖術で成長させた)。

こう考えると、クイネラの思考領域の保管場所として作り上げられたフラクトライト=道化師(ピエロ)が、元老長チュデルキンであるという説はあり得ると思います。

②の説

クイネラは、原初のラース4人のログアウトから数十年後、人界初の政略結婚で生まれています。政略結婚とは別に、母親には別の男性との間に関係を持った子供がいた。それが、チュデルキンでありクイネラの兄弟である、という説です。

こちらは少しストーリーとしては難しいですが、こう考えました。

チュデルキンは別の男性の子供であるものの、行く当てもないため同じ屋敷に住んでいた。

優秀なクイネラは神聖術見習として天命を受け、チヤホヤされ生きてきたが、チュデルキンは目立たぬように生きながら、クイネラをうらやましく思っていた。

そんなチュデルキンに対して、(コイツは使えると思い)優しくすることで忠誠心を高めてきた。

クイネラは、兄弟であり忠誠心の高いチュデルキンを自身の近くにおいておき、駒として利用している。

少し無理がありそうですが、これも1つ仮説としては面白いのではないでしょうか。

【徹底調査】SAOシリーズ全話を無料で見放題できるおすすめの動画配信サービスは?

SAOアリシゼーション第20話 強制シンセサイズ

シンセサイズには、通常シンセサイズ強制シンセサイズの2つの種類があって、通常は「内緒の術式」を本人に唱えさせることで、シンセサイズをさせます。

前話でユージオが唱えていたものと同じですね。

一方、6年前のアリスは、「内緒の術式」を唱えるのを頑として拒んでいたため、通常シンセサイズができなかった。

そのため、自動化元老を停止し、アリスの”大事なものを守ろうとする壁”を術式でこじ開けたと、チュデルキンが説明しています。

通常シンセサイズは、忠誠心や足りない物があるとシンセサイズはかけ易いんだと思われます。心の隙間を埋めてくれる笑うセールスマンみたいですね。

そしてブチぎれたアリスがチュデルキンを刺します。

が、チュデルキンは爆発して逃げていきます。

どうでもいいですが、この爆発音がマリオRPGに出てくるヤリドヴィッヒの「すいじょうきだいばくはつ」の最後の爆発に聞こえたのは私だけでしょうか。

 

ついついマリオRPGやりたいと思い、ミニスーパーファミコンをポチりそうになっちゃいました。

【即納★新品】ニンテンドー クラシックミニ スーパーファミコン【2017年10月05日発売】

created by Rinker

めっちゃ欲しいけど節約しなきゃ・・・。

もし購入したい方がいるなら、Amazonはおすすめできないです。

Amazonは販売手数料が高く、相場が上昇しやすいです。ネットで買うなら、Yahooが良心的な価格なのでおすすめです。

最安値で買いたいなら、店頭購入をオススメします。

 

話が逸れました。そして、逃げたチュデルキンを追って向かったその先で出会ったのは、シンセサイズされた整合騎士ユージオでした。

【徹底調査】SAOシリーズ全話を無料で見放題できるおすすめの動画配信サービスは?

SAOアリシゼーション第20話 整合騎士:ユージオ

クイネラにシンセサイズされてしまったユージオと対面します。整合騎士ユージオカッコイイな!

キリトが銭湯から持ってきた青薔薇の剣を「心意の腕(しんいのかいな)」により奪います。

これは、神聖術でも武装完全支配術でもない、ただ意志の力だけで物を動かす整合騎士の秘術で、ベルク―リと数人しか使用できない技のようです。

この短時間で習得できる技ではないとアリスが発言しています。

クイネラとのシンセサイズが特別な物であったと考えるべきでしょうか。

「あの人(クイネラ)の望みだから。戦う理由なんてどうでもいい。あの人は欲しいものをくれる、それだけで十分なんだ。」

と発言しており、かなりどっぷりな感じです。

そして、ユージオvsキリトの戦闘に!!

ってところで次週へ!来週は戦闘メインでしょう。

次回は「三十二番目の騎士」、ユージオのことですね。次週も楽しみです!

 

SAO作品が見れる動画サービスは、以下の記事で調査しています。

もし見逃した話を無料で見返したい!という方がいればみてください。

【徹底調査】SAOシリーズ全話を無料で見放題できるおすすめの動画配信サービスは?

長期休みでアニメが見れる!という方は、動画配信サービスの無料期間で見るのがオススメですよ!

 

《SAOアリシゼーション振り返り・考察記事一覧》

第1話 アンダーワールド

第2話 悪魔の樹

第3話 果ての山脈

第4話「旅立ち」

第5話「オーシャン・タートル」

第6話「アリシゼーション計画」

第7話「剣の学び舎」

第8話「剣士の矜持」

第9話「貴族の責務」

第10話「禁忌目録」

第11話「セントラルカセドラル」

第12話「図書室の賢者」

第13話「支配者と調停者」

第14話「紅蓮の騎士」

第15話「烈日の騎士」

第16話「金木犀の騎士」

第17話「休戦協定」

第18話「伝説の英雄」

第18.5「リコレクション」 ←振り返り回

第19話「右目の封印」

第20話「シンセサイズ」

第21話「三十二番目の騎士」

 

 

 

スポンサードリンク
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です