激辛商品レビュー

【結構辛い?!】蒙古タンメン中本「旨辛飯 其ノ弐」がキムチ鍋の〆的な感じで美味かった!

こんにちわ!

こいドラです!

今回は激辛レビュー第8弾として、蒙古タンメンのセブンイレブンプレミアムコラボ商品を紹介します。以前に、蒙古タンメンのカップやきそばを紹介しましたが、今回は蒙古タンメンのカップライスです!

今度は、カップライスかよ!と思われた方。そう、カップライスです!それ以上でもそれ以下でもない!そんなカップライスをレビューしていきたいと思います。(・・・え?笑)

蒙古タンメン「旨辛飯 其ノ弐」の概要

「蒙古タンメン中本」店主白根誠監修。味噌をベースに野菜で風味付けをし、唐辛子を中心に辛みをきかせた辛旨スープで仕上げました。後引きの辛さにパンチをきか せ、まさに「辛さの中に旨みあり」が楽しめるカップ飯です。

商品名 セブンプレミアム蒙古タンメン中本 辛旨飯
発売日 10月22日
販売地域 全国のセブンイレブン
価格 238円
内容量 103g

蒙古タンメン「旨辛飯 其ノ弐」の外観

それでは、外観から見ていきましょう。まず、蓋のある天井面はこんな感じです。旨辛オイルが同梱された状態でラッピングされています。

セブン×蒙古タンメン×NISSINのコラボ商品なんですね。カップライスを最初に開発したのはNISSINですので、期待はできます。次はカップ麺の顔の正面部分。

蒙古タンメン中本 辛旨飯がデンッ!と記載されています。そして右上に其ノ弐と書いてあります。ところで、「中本」の文字って一瞬見ると、「ん・・・中卒?」と見間違いしてみますが、これは「中本」という字を行書体で書いたものなんだそうです。

側面にはカップライスなのにもかかわず、注意事項が書いてあります。

「辛味成分のカプサイシンは刺激が強いので、小さなお子様や、辛みが苦手な方の飲食には十分ご注意ください。」

具体的にカプサイシンの記載されています。カプサイシンは唐辛子にも入っている天然の成分で、口に入れると感覚神経が刺激されることで辛みを感じるんだそうです。米×激辛という組み合わせは、カップライス界ではパイオニア的存在ですね。

裏面はこんな感じ。作り方は、通常のカップ麺と同じでお湯を注いで5分待つだけです。これ以上特筆すべき内容はないですね(笑)それでは、開けていきましょう!

開封するとこんな感じ。米はフリーズドライされており、若干黄色みが買っています。そして、米同士はくっついていないため、パラパラとした状態になっています。特徴的なのは、この白い塊。豆腐です。豆腐もフリーズドライされた状態になっています。カップ麺に豆腐ってあうのか?なんて思いながら、お湯を入れる工程に移行していきます。

蒙古タンメン「旨辛飯 其ノ弐」を食べてみる。

お湯を入れると、細かい泡が立ちました。米同士がパラパラとしているため、空気層が入っていたんでしょう。お湯が空気を包み込み泡になってしまいました。見た目は、あまり美味しくなさそうです(笑) 入れたてなので、ごちゃごちゃ言わずまずは5分待ちます。

そして完成です。色合いはこんな感じ。泡はかなりしぶといようで、5分経ってもそのままでした。香りはそこまで刺激の強いにおいではないです。

若干、心が残っているように見えますが、味はしみ込んでいそうです。手順通り次はかき混ぜていきます。

かき混ぜると、泡が拡散されていきます。全体はスープというよりは雑炊のようなねっとり感。お茶漬けに米を入れすぎた時のねっとり感にも近いです。

そこに同梱されていた辛旨オイルを入れていきます。

旨辛オイルは、ラー油よりも赤みを帯びた赤色になっています。これは辛そうですね。ただ今までのレビューの流れからいくと粉末の方が辛い説が濃厚なので、見た目ほどではないかもしれません。最後に旨辛オイルをかき混ぜて完成となります。

では早速食べていきます。コンビニの箸で食べようと思ったのですが、、、スルスルと箸の間を米たちが逃げていき、食べれませんでした。ねっとり感があっても、お茶漬け米多め程度なので、そりゃそうですね。

ということで、スプーンで仕切り直します。味は、蒙古タンメンなのですが、米を入れたことでキムチ鍋を雑炊にしたような感覚。これは結構おいしいです。そして、手が止まる程ではないにしろ辛い!

辛めではあるものの食べやすい辛さで、キムチ鍋雑炊のような感覚で食べ進め、あっという間に完食してしまいました。

まとめ

今回は激辛レビュー第8弾として蒙古タンメン中本のカップライス「旨辛飯 其ノ弐」を紹介しました。蒙古タンメンなのに、キムチ鍋雑炊のような味わいで、コクがあり美味しかったので、小腹がすいた時におすすめです。辛さは、蒙古タンメンの焼きそば程は辛くなく、サラッと食べることができるため、今回の辛さは★3.0に認定します!

蒙古タンメン中本のカップライス「旨辛飯 其ノ弐」:

スポンサードリンク
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です