子連れ旅行

イオンモールプノンペンで現地調達可能な子連れグッズ紹介!

こんにちわ!

こいドラです!

2歳以下の子連れでカンボジアに行こうという方は、

  • 子供の食事はどうする?
  • 水は準備するの?
  • おむつは何枚持っていく?
  • ミルクは売っているの?

などと色々なことが心配で調べているかと思います。

例に漏れず我が家も同じように不安を抱いて調べましたが、あまり情報が無いんですね。

が、しかーし!

実際に行ってみると、プノンペンにあるイオンモールでほとんどの赤ちゃん用のアイテムがそろってしまいます。2歳児以下の子連れ旅行にはとても強い味方だと思います。

ということで、今回はイオンモールプノンペン店で現地調達できる商品の紹介をすることで、これから子連れで行こうと思っている方の心配を少しでも取り除ければと思います!

カンボジアに準備していったもの

2泊4日の旅行で子供用に準備していったものは次の通りです。

《子供の年齢》

  • 1歳10か月

《準備物》

  • 赤ちゃん用ミネラルウォーター500ml ×6本
  • おむつ ×15枚
  • おしりふき ×1セット
  • シリコンスタイ ×1個
  • おかし ×1箱
  • バナナ ×2本(空港で購入)
  • リンゴジュース150ml ×2パック(空港で購入)

卒乳しておりミルクは不要だったのですが、いつも飲む水はさすがに心配ということもあり、スーツケースで持参しました。

500ml×6個=3.0kgですからね(汗)かなり重くて移動の電車がとても大変でした。

プノンペンに行く分には水は現地調達できるので、持参はまったく不要です!

理由はイオンモールプノンペン店でほとんど購入できるからです。実際に写真付きで現地調達できる商品を紹介していきたいと思います。

カンボジアのイオンモールプノンペン

以下の住所にあります。

ここから約3.0㎞くらいの位置のホテルに宿泊していました。

トゥクトゥクでは約6000リエム(1.5ドル)くらいでした。

ぼったくりにだけは気をつけましょう。

【カンボジア旅行記】 トゥクトゥクでぼったくりに あわない3つのポイントを解説!こんにちわ! こいドラです! 今回はカンボジアで使う移動手段について! 東南アジア、特にタイ・カンボジア辺りではトゥクトゥクでの移...

それでは、イオンモールプノンペンで現地調達できる子連れグッズを紹介していきます。

イオンモールプノンペン「ベビーグッズコ―ナー」

イオンモールプノンペンには、ベビーコーナーがあります。

日本のイオンモールと同じような展示形式で売っています。(トップバリュー商品も多数そろえられていて品質も安心です。)

一周して商品を見ていきたいと思います。

赤ちゃん日用グッズ

体温計など、日本で売っている商品が売られています。

 

まずは、体温計や爪切り用のはさみ、スプーンフォークなど日常で使うものが売っています。洗濯用洗剤「arau」も置いていました。

おしりふきももちろん置いてありました。

赤ちゃんのスタイ

基本は繰り返し利用できるシリコンタイプのエプロン。

次は、意外と忘れがちなのが、赤ちゃん用のスタイ。忘れてしまって食事が大変になりそう!と心配の方にも安心です!

イオンモール内のDAISOJapanで売っている紙エプロン。

ちなみに、持ち運び易い紙タイプのスタイはイオンモール内のダイソーにも売っていました。

赤ちゃんの純水

WAKODOさんの「赤ちゃんの純水」

次に、2歳以下の子供連れ観光では、ミルクや食事が最も苦労するであろうと思われます。その理由は水です。カンボジアの水道水はそのまま飲めない品質ですので、別で水を買う必要がありますが、なんとも信用するに値しません。

そんな中、WAKODOさんの「赤ちゃんの純水」であれば安心ですね。我が家も心配でわざわざ500mlペットボトルを6本持参していきましたが、そんなことは不要です!(成田までのスーツケースが重くて大変でした。)

赤ちゃんの粉ミルク

WAKODOさんのレーベンスはいはい

次は粉ミルクです。主に以下の銘柄が置いてあります。

  •  アメリカ製「Similac」
  •  日本 WAKODO製「レーベンス」

ミルクの種類は正直少ないなぁという印象。赤ちゃんがミルクに対してこだわりが強かったり、移動先ですぐ作れるようにしたい、という方はご自身でミルクを持参した方が良いです。特に外出先では、何かと不便が多いので、少しでも不便さを解消するのであれば、固形タイプのらくらくキューブがオススメです。

 

赤ちゃんのおやつ

WAKODOさんのビスケット

 

観光地を巡っている時など、意外とグズってしまうことが多いので、お菓子をもっていくことをオススメします。

そんなお菓子でさえ現地調達できてしまいます!

  • やきいもクッキー
  • 鉄入りビスケット
  • かぼちゃクッキー
  • ミルクウェハース

 

赤ちゃん用おむつ

イオンモールプノンペンのオムツコーナー

赤ちゃん用のおむつは、2歳児以下の子連れ旅行での”かさばる荷物”第1位ですね。おむつもしっかり置いてあり、日本製のオムツは次の2種類がありました。

  • ネピア「Genki!」
  • 花王「Merriesパンツ」

 

イオンモールプノンペンおむつコーナーにあったネピア「Genki!」
イオンモールプノンペンおむつコーナーにあった花王「Merriesパンツ」

 

売っている中での最低数量は、花王「Merriesパンツ」のMサイズ28個でした。

おむつの使用枚数を5枚/1日だとすると、旅行日程毎の枚数は次の通りですね。

《旅行日数とおむつの使用枚数》

  • 3日 → 15枚
  • 4日 → 20枚
  • 5日 → 25枚
  • 6日 → 30枚

移動日分は持参することを考えると、28枚は6-7日旅行分の量でしょうか。

今回、我が家は2泊4日で15枚持参して、少し余ったくらいでした。旅程が3日目夜カンボジア発、4日目朝日本着で滞在期間は2.5日程度だったことからも、上に書いたおむつの使用枚数見積りは妥当かと考えます。

花王「Merriesパンツ」の金額は12.5USD

Mサイズの金額は12.5ドルでしたので、5日以上の旅行の場合は現地調達でもOKかと思います!

赤ちゃん用プールおむつ

プール用のオムツも売っていました。ホテルにプールがあったのにプール用おむつを買っていない場合でもコチラで購入することができます。

日本製ではなく韓国製のみでしたが、身体のサイズとしては近しいと思います。

抱っこ紐・ベビーカー

イオンモールプノンペンに売っている抱っこ紐

抱っこ紐の種類はあまり多くありませんでした。どうしても必要という方はサイズとフィット感を確かめて購入下さい。

イオンモールプノンペンにベビーカーコーナー

ベビーカーコーナーは品ぞろえ豊富でした。日本で売られているような有名ブランドが多く置いてありました。

Apricaのベビーカーは250USD

日本と変わらない値段でしたので、こちらは現地駐在の方向けでしょうか。

以上となります!

 

↓↓カンボジア旅行記トップページ↓↓

【カンボジア旅行記】幼児(1歳10ヶ月)と行くカンボジア-トップページ- 記事作成中です! 随時アップロードしたらリンクを張り付けていきます! (内容が変わる可能性あり!) こんにちわ! こいド...
スポンサードリンク
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です