レンタルサーバー

【WordPressサーバー徹底比較】MixhostとConohaとを比較してみた!どっちが安い?性能は?

こいドラです。

今回はWordpressでブログを開設するのには欠かせない、

サーバーについて記事を書きます。

私は、Wordpress用サーバーはMixHostを使っていますが、

最近、ConoHaという良さげなサーバーを見つけてしまい、

むむむ??

と、ついつい比較したくなってしまいました。

(良いサービスが出ると目移りしてしまうのはしょうがないです!肯定感)

ということで、今回は、

MixHostConoHaってどっちがいいの!?」

と題して、比較してみていきたいと思います!

(正直、私も素人なので簡単な部分を見える化しながら、

横にらみをしてどっちがいいのってのを検証しています。)

 

ConoHa は、GMOインターネット株式会社が運営するサービスの一つです。

超高速SSD搭載・最新CPU採用した、高性能なVPSです。

VPSとは、Virtual Private Serverの略で、日本語に訳すと「仮想専用サーバー」です。

サーバーにも、共用サーバー、専用サーバー、VPSなど種類は様々存在しています。

今回はこの説明は省略します。

MixHostは共用サーバー

ちなみに、サービスには大きく2種類あります。

サーバー自体のOSの種類によってコストが変わってきます。

比較については、以下で説明していきます。

 

まずは、現時点では、Wordpressに使えるサーバーなんだな、

という認識を持っていただく程度でOKです。

 

MixHost/ConoHaの値段と性能差は?どれがいい?

一番気になる価格と性能差のみを比較していきたいと思います。

サーバーの比較って、詳しくやればいくらでもできるのですが、この記事の目的として、私のような「ブログを始めたい素人」の目線に立った時に、

時間をかけずにサーバーを決めるための判断材料となる記事

であることを心掛けていますので、かなりシンプルに、かつ、明確に比較して行きたいと思います。

比較対象(Mixhost、Conoha)

まず、以下の3つのサービスを比較してみました。

 aa)MixHost (Linux)

 bb)ConoHa (Linux)

 cc)ConoHa for windows server (Windows)

aa)は、私がこのブログでまさに使っているサーバー。

当初は、究極にシンプルにしようと思い、aa)とbb)の比較だけを行う予定だったのですが、Windowsサーバーのサービスが開始されていたことに気づき、cc)も比較対象として追加しました。

一覧表で比較

ということで、MixHostConoHaの両社ホームページ情報を参照し、比較した画像が以下となります。

—表の読み方—

まず、この表はメモリ数を基準に比較をしています。(左から右へ)

その上で、MixHostConoHaの月額・HDD(SSD)容量・CPU等の比較を行いました。(上から下へ)

同メモリ数は同じ色とし、サービスのない箇所は灰色としています。

比較的、サーバーのサービスはシンプルなので比較がし易いです。

ちなみに、携帯各社のサービスなんかだと、皆さんご存知の通り、あえてわかりにくい料金設定とし、他社との比較をしづらくしており、実際にどこがお得なのか分かりにくくさせています。

それに比べれば比較がし易くて、ユーザー目線でサービスを提供してくれています。

どれが一番おすすめなの!?

正直言うと一長一短あります。各社、強みのポイントや力を入れているポイントが異なりますので、一概にここにすべきだ!とは言えないんです。

ですので、5つ観点(コスト・手軽さ・スペック・セキュリティ・検討期間)で見た時に各々のベストを紹介したいと思います。

《コスト》ConoHa が最安値630円/月!

512MBのサービスを提供しており、最安値630円/月となっています。MixHostにはそもそもサービスがないため、これは圧倒的安さです。

コスト重視の方は即決レベルですね!

《手軽さ》最低利用期間が無いConoHa (Linux)が圧倒的!

MixHostが最安値とは言え、3年契約であることを考えると、もう少し気軽に始めたいという方には、最低利用期間が無いConoHa (Linux)がトータルでオススメです!

いつでも乗り換えられるという手軽さが良いですね!

《スペック》4GBではMixHostがSSD容量が100GB多い。

4GBの使用では、MixHostConoHaにSSD容量で勝っています。

ただし、MixHostは、契約期間に制約があるもののスペックとしてはとても高いです。ConoHaを使用していてサーバー容量が足りないなーと思った場合には、MixHostの選択もありだと思います。

《セキュリティ》ConoHa for windows server (Windows)が安心!

Windowsサーバーを選択することで、よりセキュリティへの信頼が高くなります。

もちろん、Linuxもサーバーとしてのシェアもかなり高いため、セキュリティ観点では問題ないです。

仮に、ある程度アクセス数が増えて収益性が上がってきた場合には、

Windowsの方が業務系(BtoB)に強く、セキュリティも高い

という点から、LinuxからWindowsに切り替えるという選択肢はありじゃないかと思います。

WordPressでブログを始めたい!という方は、Windowsでも良いですが、セキュリティ上はLinuxで十分だと思います!

ConoHa for Windows Serverの登録はコチラ

《試用期間》MixHostが30日間で圧倒的!

これはMixHostが圧倒的ですね。

30日間あれば、サイトを開設してから記事を更新する一連の流れをこなせるため、この日数は大変助かります!

MixHostの登録はコチラ

まとめ

ということで、まずは結論!

・手軽さで選ぶならConoHa (Linux)がおすすめ!

・セキュリティで選ぶならConoHa for windows server (Windows)がおすすめ!

サマリー

  1. 《コスト》ConoHa が最安値630円/月!
  2. 《手軽さ》最低利用期間が無いConoHa (Linux)が圧倒的!
  3. 《スペック》1GBではConoHa がSSD容量が10GB多い。
  4. 《セキュリティ》ConoHa for windows server (Windows)が安心!
  5. 《試用期間》MixHostが30日間で圧倒的!

 

ちなみに、私は無料期間でじっくり検討したかったため、MixHostを選択したことは間違いではありませんでしたが、

今から新規で始めるのであればConoHaはとてもオススメだと思います。

新しくサーバーを選ぼうとしている方やセキュリティ向上を狙っている方はぜひConohaを検討してみてください! 

登録はこちらから

aa)MixHost (Linux)

MixHostの登録はコチラ

bb)ConoHa(Linux)

ConoHaの登録はコチラ

cc)ConoHa for windows server (Windows)

ConoHa for Windows Serverの登録はコチラ

 

【Wordpress】colorfulbox/mixhost/conoHaのレンタルサーバー3社徹底比較!どこにするか迷っているならColorfulBoxの選択はアリ!こんにちわ!こいドラです。 今回はwordpressに使えそうな新しいサーバーを見つけたので、私が使っているmixhostと比較したい...
スポンサードリンク
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です